2011年04月16日

それから

RIMG0840.jpg
ゆっくり咲いた桜も散り始めています。

RIMG0880.jpg
RIMG0876.jpg

あわただしい日々のあいまに
日だまりの桜の香りを感じながら、
のんびり散歩できて幸せです。

RIMG0846.jpg
RIMG0851.jpg

リラックスして気が抜けている時、
ふとした表情にジョニーの内側が見える気がします。


おかげさまで、このあたりは

古く重い瓦の家の屋根が落ちたり

橋がズレて通行止めになっていたり

実家では庭の灯篭が倒れたくらい、被害は少なかったです。

それでも2週間くらいは、地震酔いで眩暈を感じたり
夜中に目も覚めることも多く
職場と家の停電グループが違ったため
移動する先、常に停電!?苦笑する日もありました。
放射線量や風向きも気になりながら散歩したり。

娘も通学の電車が止まっていたので、
ずっと自宅学習のまま春休みに入ったような感じとなり
ようやく新学期から通常となりました。

ガソリン騒動が一段落した頃
気分転換に実家の父母と花木センターへ行きました。


あまり購買意欲もわかなくなってしまっていたけど
色とりどりの花の中で気になった白い椿を買いました。
ほんとうに真っ白で、見ていてあきない花です。

「都鳥」という品種です。
RIMG0720.jpg

新しいもの、私が大切に扱ってるもの
わざわざチェックしにきます。
RIMG0714~1.jpg


-----つづく(出勤前散歩でタイムアウト)


-----はじめ(月曜に)

土曜日もかなり大きく揺れまして、電車が止まったり

電話対応に、かけまわっていました。


留守番している娘からメールが届いて

「さっき結構揺れたけど、
 ジョニーは普通にしてるから大丈夫だよ」

「うん、ノンキにゴロゴロしてる。
 私も大丈夫」

震度5でゴロゴロしてるなら安心して仕事できるよ;


計画停電中に懐中電灯で鍵穴を探して帰宅すると

娘は毛布にくるまってランタン1つで

ジョニーの隣のソファで待ってました。


いきなりTVの音や灯り消えて真っ暗になるより、

夕暮れでだんだん暗くなっていって、

1つ灯りが点くくらいがいいでしょう?

自分だけでなく

ジョニーの気持ちになって工夫していたらしい。

さりげない優しさで色々配慮してくれてるのね、と

留守に帰ると気がつくのでした。


image/2011-03-23T10:34:33-4.jpgimage/2011-03-23T10:42:44-1.jpg
image/2011-03-23T10:34:33-3.jpgimage/2011-03-23T10:34:33-2.jpg

大きな災害が起こって

心のゆとりがなくなっても花は咲いて

少々気がかりなこともありながら、お散歩は続き、

住んでいる町の見たことのない景色

見慣れたものに対して違った感情をおぼえ

前と後では変化があります。



3月11日は昼過ぎまで、土手を散歩していました。

のどかに日差しをあびて、

遠くに見える菜の花の群生まで歩いていました。

image/2011-03-23T10:34:33-5.jpg

空があやしくなって、家へもどったあと

かつてない揺れに遭いました。

どうか、もう止んでと、祈る気持ちになったのは初めてでした。


リードを準備して、折りたたみケージの位置を確認して

外では、緊急車両の音が増えていき

ただならぬことが起こったことに戦慄でした。



直接関係の無い職種にしても影響は続いています。

無常感、無力感に言葉もなく

心を痛めている人もたくさん。


それでも、屋根があり食べるものがあり

職があって働ける状態であること

ワンコもそばにいてくれます。


被災された方々に、少しでも早く穏やかな日常がおとずれるよう

私も今いる位置からできるだけの支援をしていきたいと思っています。
posted by ジョニ母 at 07:53| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。